冬に家を暖かく保つ方法:7つの確実なヒント

Albert Evans 19-10-2023
Albert Evans

説明

ブラジルの多くの地域では、冬は気温が急降下し、セントラルヒーティングシステムを24時間365日稼働させなければならないほど寒さが厳しくなる。

例年6月から8月にかけての寒い時期に暖房を使用すると、電気代が最大で70%増加する。 そして、これは間違いなく家計に影響し、環境にもまったく持続可能ではない。

しかし、簡単で安価なコツをいくつか使えば、家計を破綻させることなく家を暖かく保つことができる。 これらのコツを使えば、毎年何度でも家を暖かく快適に保つことができ、冬でも暖房をつけなくても家を暖かく保つことができる。

住まいの冬支度

冬に家を暖かく保つ安価な方法は、この時期までに住まいの準備が整っていれば、最も効果的だ:

冬に家を暖かく保つ安価な方法は、この時期までに住まいの準備が整っていれば、最も効果的だ:

暖房器具のチェック:暖房器具がある場合は、家具が暖房器具の作動を妨げていないかチェックする。 もし家具がある場合は、暖房器具の効率を上げるために、家具をどける。

フィルターの清掃または交換:暖房システムのフィルターを清掃または交換し、メンテナンスする。 こうすることで、効率が向上する。

壁を作る:ラジエーターの上に何もない壁がある場合、小さな隙間のあるオープンな家具を作る。 家具を置くことで、熱がオープンスペースに放散されるのを防ぎ、代わりに熱を希望の環境に保つことができる。

ブロッカーのチェック:ダクトによっては、空気の流れを制御するブロッカーが付いています。 これをチェックし、冬モードに設定します。

日差しを取り込む:日差しが強いときはカーテンを開け、太陽の自然な暖かさで家を暖める。

キャンドルは体を温める効果もあります。 冬にキャンドルを灯し、その上に土鍋(または花瓶)を逆さにして置きます。 土鍋と灯したキャンドルの間に酸素が行き渡るように隙間を作ってください。 土鍋はゆっくりと温まり、長時間熱を放ちます。

オーブンのドアを開ける:調理が終わったら、オーブンのドアを開けたままにしておきます。 余熱で部屋が暖かくなります。

寒い中、電気代の請求書を開くと寒気がする、または冬が来る前にヒントを探しているのなら、あなたは正しいページにいます。 私たちはその寒気を取り除き、この冬家を暖かく保つための手作りの裏技や安い方法を紹介します。 では、冬に家を暖かく保ち、電気代を気にせずに寒い気候を楽しむ方法をチェックしましょう。

ステップ1:晴れた日はカーテンを開ける

晴れた日にはカーテンを開け、太陽の光を室内に取り入れる。 太陽の自然な暖かさは、家を暖めるだけでなく、冬によく現れる湿気を取り除いてくれる。

ステップ2:ドアと窓を閉めておく

熱を室内に閉じ込め、冷気を外に逃がさないようにするには、ドアや窓を閉めておくこと。 曇りの日なら、カーテンを閉めておけば熱が逃げるのを防げる。

関連項目: 掃除のヒント:浴室の排水管の詰まりを解消する方法

ステップ3:ギャップを埋める

ドアや窓の隙間を塞いで、外からの隙間風を防ぐ。 暖かい家に冷たい空気が集まるのは自然なことなので、隙間があればどこでも塞ぐことで、冷気の侵入を防ぐことができる。 隙間に布を詰めたり、テープで隙間を塞いで密閉することもできる。

家を暖かく保ち、同時に虫の侵入を防ぐもうひとつの便利なDIYは、ドアローラーの作り方を教えてくれるものだ!

ステップ4:厚手の生地でできたカーテンを選ぶ

厚手のカーテンは寒さをシャットアウトしてくれるので、夏は薄手の軽いカーテンで十分だが、冬は厚手のカーテンに変えて窓の寒さ対策をしよう。

ステップ5:床をカーペットで覆う

暖かくて居心地の良いラグを床に敷けば、足元が暖かくなる。

ボーナス・ヒント:家全体を覆うラグがない場合は、古い毛布で床を覆う。 そうすれば床を暖かく保つことができる。

ステップ6:クッションと毛布を置く

ソファの上にクッションや毛布、ひざ掛けなどを置いて暖を取る。 暖房を24時間つけっぱなしにするのではなく、毛布やひざ掛け、クッションなどの暖かさに包まれて、家族や自分自身を暖めよう。

関連項目: 木製工具箱の作り方

エッセンシャルオイルを使ったリラックス枕スプレーの作り方をチェックしよう!

ステップ7:マイクロファイバー、ウール、ニットを使った装飾品を選ぶ

マイクロファイバーやウール、ニットを使ったアイテムを家に飾ろう 暖かいものを見ると、それだけで暖かく感じますが、マイクロファイバーやウール、ニットを使ったアイテムは冷気を吸収し、暖かく感じさせてくれます。 冬にニットを編むだけでも、暖房器具を使わなくても暖かく過ごせます。

ステップ8:暖房器具を使わなくても冬は暖かく過ごせる

これらの簡単なトリックを使えば、ヒーターを使わなくても冬は暖かく過ごせる。

寒い季節に家を暖かく保つには?

Albert Evans

Jeremy Cruz は有名なインテリア デザイナーであり、情熱的なブロガーです。創造的な才能と細部へのこだわりを持つジェレミーは、数多くの空間を素晴らしい生活環境に変えてきました。建築家一家に生まれ育った彼のデザインには彼の血が流れています。彼は幼い頃から美学の世界に浸り、常に設計図やスケッチに囲まれていました。名門大学でインテリア デザインの学士号を取得した後、ジェレミーは自分のビジョンを実現する旅に乗り出しました。業界で長年の経験を持つ彼は、著名な顧客と協力して、機能性と優雅さの両方を体現する絶妙な生活空間をデザインしてきました。クライアントの好みを理解し、その夢を現実に変える彼の能力は、インテリア デザインの世界で彼を際立たせています。インテリア デザインに対するジェレミーの情熱は、美しい空間を作るだけにとどまりません。熱心なライターとして、彼はブログ「装飾、インテリア デザイン、キッチンとバスルームのアイデア」を通じて専門知識と知識を共有しています。このプラットフォームを通じて、読者が独自のデザインの取り組みにインスピレーションを与え、導くことを目指しています。ジェレミーは、ヒントやテクニックから最新のトレンドまで、読者が自分の生活空間について情報に基づいた決定を下すのに役立つ貴重な洞察を提供します。ジェレミーは、キッチンとバスルームに重点を置き、これらのエリアには機能性と美観の両方において大きな可能性があると信じています。訴える。彼は、適切にデザインされたキッチンが家の中心となり、家族の絆や料理の創造性を育むことができると強く信じています。同様に、美しくデザインされたバスルームは心地よいオアシスを作り出し、リラックスして元気を取り戻すことができます。Jeremy のブログは、デザイン愛好家、住宅所有者、および生活空間の改修を検討している人にとって頼りになるリソースです。彼の記事は、魅力的なビジュアル、専門家のアドバイス、詳細なガイドで読者を惹きつけます。ジェレミーはブログを通じて、個人がそのユニークな性格、ライフスタイル、好みを反映したパーソナライズされたスペースを作成できるように努めています。ジェレミーは、デザインや執筆を行っていないときは、新しいデザイン トレンドを探索したり、アート ギャラリーを訪れたり、居心地の良いカフェでコーヒーを飲んだりしています。彼のインスピレーションと継続的な学習への渇望は、彼が作成する巧妙に作られたスペースと彼が共有する洞察力に富んだコンテンツに明らかです。ジェレミー クルーズは、インテリア デザインの分野における創造性、専門知識、革新性の代名詞です。