コーヒーの木

Albert Evans 19-10-2023
Albert Evans

説明

エチオピア原産のコーヒーの木は、家の周りに置く植物として人気があるが、自然の生息地では中木に成長することもある。 幸いなことに、コーヒーの木が家や庭で大きくなりすぎるのを防ぐには、定期的に剪定すればよい。

屋内、屋外を問わず)これらのコーヒーノキの世話のコツに従ったとしても、コーヒーの木に花が咲き、実がなるまでに数年はかかる。

それでは、コーヒーの木が健康で幸せであるために必要な生育条件と、コーヒーの苗木の植え方を見てみよう。

ヒント1:適切な土壌

小さなコーヒーの木が欲しい場合でも、大きなコーヒーの木が主な目的でも、コーヒーの苗木は、水はけのよい、有機質に富んだ水苔ベースの土に植える必要があります。 土はpHが酸性であることも必要なので、植物が思うように育たない場合は、水苔のような有機物を加えて土のpHを上げましょう。

コーヒーはpH4~7の土でも育ちますが、植物はpH6~6.5の土の方がずっと幸せです。

ヒント2:最高のロケーション

コーヒーの木の適切な世話には、自然の生育条件に近い環境、つまり中程度の標高の熱帯の山で育てることが必要です。 つまり、十分な水はけ、高い湿度、適度に涼しい気温、有機物が豊富でやや酸性の土壌を確保する必要があります。

コーヒーの木は、自然の生息地と同じ条件であれば、屋外で育てるのも簡単ですが、屋内で育てる場合は、直射日光を避け、窓際に置いてください。 また、外気やエアコンの風が入らないように注意してください。

ヒント3:正しい水やり

コーヒーの木は水が大好きなので、定期的な水やりが必要です!土が完全に乾いてしまわないように、常に湿った状態を保ちましょう。 コーヒーの木の土を指で触って、土の水分を測ってみてください。

1週間も水やりを忘れると、コーヒーの株の健康に悪影響を及ぼしかねない。

関連項目: DIYソーイング - 初心者向けニードルフェルティングの12のステップ

水やりのコツ:コーヒーの木の開花を促すため、冬は水やりを控え、春になったら水やりの回数を増やす。

ヒント4:照明

コーヒーの木は "森の植物 "と呼ばれ、直射日光が届きにくい森の樹冠の下に生息しているからだ。

直射日光に当てすぎると、コーヒーの葉が茶色くなり、枯れてしまうこともある。

ヒント5:コーヒーの苗木に肥料を与える

コーヒーの生育期には、数週間に一度、弱い有機肥料(バラや柑橘類の肥料など)を与える必要があります。

冬が始まったら、肥料の使用を月に1回程度に減らす。

ヒント6:剪定 (1)

もちろん、コーヒーの木から枯れ枝を取り除くのは当然のことですが(他の植物と同じように)、2メートル近い巨大な木を育てるのを避けたいのであれば、適切な剪定が不可欠です。 幸いなことに、一度に株の1/3以上を剪定しないことさえ忘れなければ、これはまったく難しいことではありません。 それ以上の剪定は、コーヒーの木を傷つける危険性があります。

ヒント7:剪定 (2)

コーヒーの木を剪定するときは、葉の枝の6mmほど上を45度の角度で切る。

ヒント8:剪定 (3)

株の根元に、取り除く必要のある枝がないか確認する。

アドバイス:剪定は早春、コーヒーが新芽を出している間に行う。

ヒント9:コーヒーの苗を育てる

コーヒーの木の挿し木から新しい苗木を育てるのは、他の植物の挿し木から育てるのと変わらない。 そして幸いなことに、コーヒーの木の増殖に関しては、選択肢は一つではない。

ヒント10:コーヒーの苗を繁殖させる方法

しかし、コーヒーの苗を作るには春が最適であることに変わりはない。 コーヒーの苗は、サボテンの栽培に理想的な用土(適切な水はけがある)に植えなければならない。

土にパーライトを20パーセントほど加え、根が伸びるまで4~6週間待つ。

ヒント11:コーヒーストーブを自分で作る

小さなコーヒーの木のために温室を作る必要はなく、空の2リットルのペットボトルで上部を切り取るだけでいい。

ボトルの上部を切り落とし、苗を入れたポットの上に置き、新しいDIY温室でコーヒーを覆う。

ヒント12:果物の栽培

コーヒーの木に花が咲き始めると、緑色の実が見えるようになる。 この実が熟すと、緑色から赤色、そして濃い赤色に変化する。

果実が十分に熟すと、収穫の準備が整い、株からコーヒーを摘み取ることができる。

コーヒー生産者へのアドバイス:一般的な病害虫

関連項目: 紙吹雪の植物:5つの簡単なステップでHypoestes Phyllostachyaの世話をする方法

室内で栽培されているコーヒーの木が、メアリ、アブラムシ、ハダニに悩まされることは珍しいことではありません。 小さな巣や白い粉のようなものが植物に付着しているのを見たら、すぐに蔓延の兆候と解釈してください。 害虫や病気は他の植物に広がる可能性があるので、コーヒーの木の治療を待つ必要はありません。 しかし、常に最初に最も毒性の低い方法を試してください。他の(より安全な)努力がすべて失敗した場合にのみ、本格的な化学薬品を使用する。

もっと果樹園芸のヒントをお望みなら、リンゴの木の植え方と桃の木の植え方のヒントをどうぞ。

コーヒーの木を育てるためのヒントはもうご存知ですか?

Albert Evans

Jeremy Cruz は有名なインテリア デザイナーであり、情熱的なブロガーです。創造的な才能と細部へのこだわりを持つジェレミーは、数多くの空間を素晴らしい生活環境に変えてきました。建築家一家に生まれ育った彼のデザインには彼の血が流れています。彼は幼い頃から美学の世界に浸り、常に設計図やスケッチに囲まれていました。名門大学でインテリア デザインの学士号を取得した後、ジェレミーは自分のビジョンを実現する旅に乗り出しました。業界で長年の経験を持つ彼は、著名な顧客と協力して、機能性と優雅さの両方を体現する絶妙な生活空間をデザインしてきました。クライアントの好みを理解し、その夢を現実に変える彼の能力は、インテリア デザインの世界で彼を際立たせています。インテリア デザインに対するジェレミーの情熱は、美しい空間を作るだけにとどまりません。熱心なライターとして、彼はブログ「装飾、インテリア デザイン、キッチンとバスルームのアイデア」を通じて専門知識と知識を共有しています。このプラットフォームを通じて、読者が独自のデザインの取り組みにインスピレーションを与え、導くことを目指しています。ジェレミーは、ヒントやテクニックから最新のトレンドまで、読者が自分の生活空間について情報に基づいた決定を下すのに役立つ貴重な洞察を提供します。ジェレミーは、キッチンとバスルームに重点を置き、これらのエリアには機能性と美観の両方において大きな可能性があると信じています。訴える。彼は、適切にデザインされたキッチンが家の中心となり、家族の絆や料理の創造性を育むことができると強く信じています。同様に、美しくデザインされたバスルームは心地よいオアシスを作り出し、リラックスして元気を取り戻すことができます。Jeremy のブログは、デザイン愛好家、住宅所有者、および生活空間の改修を検討している人にとって頼りになるリソースです。彼の記事は、魅力的なビジュアル、専門家のアドバイス、詳細なガイドで読者を惹きつけます。ジェレミーはブログを通じて、個人がそのユニークな性格、ライフスタイル、好みを反映したパーソナライズされたスペースを作成できるように努めています。ジェレミーは、デザインや執筆を行っていないときは、新しいデザイン トレンドを探索したり、アート ギャラリーを訪れたり、居心地の良いカフェでコーヒーを飲んだりしています。彼のインスピレーションと継続的な学習への渇望は、彼が作成する巧妙に作られたスペースと彼が共有する洞察力に富んだコンテンツに明らかです。ジェレミー クルーズは、インテリア デザインの分野における創造性、専門知識、革新性の代名詞です。