素朴な木製ランプをDIY

Albert Evans 27-07-2023
Albert Evans

説明

木製のテーブルランプは、エリア内に照明を重ねるのに最適なソリューションだ。

しかし、すべての部屋に木製のランプをつけるのは予算的に無理という場合は、DIYがおすすめだ。

インターネットを見ていると、テーブルランプを作るための簡単で安価なアイデアが見つかることがよくあるが、そのすべてが私たちが望む特定の装飾スタイルに合うとは限らない。

ダイニングルームのインテリアに合う素朴なランプシェードを作ろうと思い、テーブルランプの電球が欲しかったのだが、インテリアショップで見つけたものは高すぎた。

そこでネットで検索したところ、簡単にDIYできる木製ランプの工作アイデアがいくつか見つかった。

下の最後の写真のDIY木製ランプを見て、このスタイルが好きかどうか確かめ、以下の説明に従ってあなたの家にも作ってみよう。

素朴な木製のランプをDIYするために必要なものは?

ランプシェードのドームに加え、土台を作るために3つの角材と1つの正方形または長方形の木片が必要。 道具はドリルと火!

ステップ1:立方体の中心に印をつける

定規かテープを使い、各立方体の対角線上の中心を測る。 中心と各辺の 2 点に印をつける。 各立方体に 3 点の印がつくはずである。

ステップ2:立方体の穴あけ

ドリル・ビットを使って印をつけた箇所に穴を開ける。 穴は上から下へ開ける。

ステップ3:立方体の側面に穴を開ける

キューブのひとつは、中央に大きめの穴が開いていて、ランプシェードのコードを通すために側面に対応する穴が開いているはずだ(よりよく理解するために写真を参照)。

ステップ4:木材を炭化させる

木製のキューブを素朴で年季の入った仕上がりにするには、火にかざして美しい焦げ目をつける。

ステップ5:繰り返す

焦がす量はお好みで。 他の仕上げがお好みなら、好きな色に塗ったり、エイジング加工を施してもよい。 木製の土台の長方形の部分にも焦がすのを忘れずに。

完成した木製キューブ

炭化させた後の木のキューブはこんな感じだ。

ステップ6:キューブを並べる

木製のランプの土台になるように、立方体を重ねて並べる。 穴に釘を打ち、立方体をつなぎ合わせる。

ステップ7:整理方法を選ぶ

素朴なウッドランプをDIYするために、私は後者を選んだ。

関連項目: 7つのステップで木製テーブルガイドをきれいにする方法

テーブルランプのベース

これが私のアシンメトリーなテーブルランプのベースだ。

ステップ8:ケーブルを内部に通す

最後のブロックの側面にワイヤーを通す穴が開いていることを確認する。 ワイヤーを各ブロックの側面から中央の穴に通す。

関連項目: DIY:ステップ・バイ・ステップでミニマルなジュエリーボックスを作る

ステップ9:上部からケーブルを出す

ワイヤーを中央の穴から上部に達するまで押し込む。

ステップ10:ブラケットの取り付け

木製のブロックの中央にノズルをはめ込み、木製のランプの上部を形成する。 残りの照明機構はその上に取り付ける。

ステップ11:下部

一番下の木製の立方体は、長方形のベースがその下にくるので、ワイヤーが側面の穴を通っているはずだ。

ステップ12:ベースを固定する

ベースとロアハブをネジで取り付けます。 図のようにボトムパーツのネジを追加します。

木製ランプのベース

テーブルランプのベースはできあがり、あとは電球とドームをつけるだけ。

ステップ13:ドームとランプを取り付ける

電球を挿入する前に、ランプベースをノズルに通します。

自分で作る素朴な木のランプ

DIYテーブルランプの最も簡単なアイデアのひとつです!

ダイニングルームの素朴な照明器具の様子

私は古いランプシェードを使って素朴なウッドランプをDIYしたが、お好みでランプシェードを作ることもできる。

さらに、木製のキューブ・ベースは、扱い方次第でさまざまなデザイン・スタイルに対応できる。 キューブを並べて自然のままでもいいし、白くペイントしてモダンやミニマリストのテーマに合わせることもできる。

同様に、木製のキューブも並べ方を変えることで印象が変わる。

私が選んだアシンメトリーな配置は、ラスティックやカントリーのテーマにぴったりだが、直線的な配置の方がコンテンポラリーやモダンなスタイルに合うだろう。 このアイデアを使って、あなたの創造力を解き放ち、木製ランプにユニークなひねりを加えてみよう。

楽しみながら学ぶ:DIY木製エッセンシャルオイル・ディフューザー:16の簡単なステップ

Albert Evans

Jeremy Cruz は有名なインテリア デザイナーであり、情熱的なブロガーです。創造的な才能と細部へのこだわりを持つジェレミーは、数多くの空間を素晴らしい生活環境に変えてきました。建築家一家に生まれ育った彼のデザインには彼の血が流れています。彼は幼い頃から美学の世界に浸り、常に設計図やスケッチに囲まれていました。名門大学でインテリア デザインの学士号を取得した後、ジェレミーは自分のビジョンを実現する旅に乗り出しました。業界で長年の経験を持つ彼は、著名な顧客と協力して、機能性と優雅さの両方を体現する絶妙な生活空間をデザインしてきました。クライアントの好みを理解し、その夢を現実に変える彼の能力は、インテリア デザインの世界で彼を際立たせています。インテリア デザインに対するジェレミーの情熱は、美しい空間を作るだけにとどまりません。熱心なライターとして、彼はブログ「装飾、インテリア デザイン、キッチンとバスルームのアイデア」を通じて専門知識と知識を共有しています。このプラットフォームを通じて、読者が独自のデザインの取り組みにインスピレーションを与え、導くことを目指しています。ジェレミーは、ヒントやテクニックから最新のトレンドまで、読者が自分の生活空間について情報に基づいた決定を下すのに役立つ貴重な洞察を提供します。ジェレミーは、キッチンとバスルームに重点を置き、これらのエリアには機能性と美観の両方において大きな可能性があると信じています。訴える。彼は、適切にデザインされたキッチンが家の中心となり、家族の絆や料理の創造性を育むことができると強く信じています。同様に、美しくデザインされたバスルームは心地よいオアシスを作り出し、リラックスして元気を取り戻すことができます。Jeremy のブログは、デザイン愛好家、住宅所有者、および生活空間の改修を検討している人にとって頼りになるリソースです。彼の記事は、魅力的なビジュアル、専門家のアドバイス、詳細なガイドで読者を惹きつけます。ジェレミーはブログを通じて、個人がそのユニークな性格、ライフスタイル、好みを反映したパーソナライズされたスペースを作成できるように努めています。ジェレミーは、デザインや執筆を行っていないときは、新しいデザイン トレンドを探索したり、アート ギャラリーを訪れたり、居心地の良いカフェでコーヒーを飲んだりしています。彼のインスピレーションと継続的な学習への渇望は、彼が作成する巧妙に作られたスペースと彼が共有する洞察力に富んだコンテンツに明らかです。ジェレミー クルーズは、インテリア デザインの分野における創造性、専門知識、革新性の代名詞です。