7つの簡単なステップで薬箱をDIYする方法

Albert Evans 19-10-2023
Albert Evans

説明

DIYプロジェクトに関しては、すべてのガイドがすべてのユーザーに適しているわけではないことを理解している。

また、すべての人が木工芸の才能に恵まれているわけではないので、DIYで薬箱を作るアイデアは自分には向いていないと考える人も多いだろう。

というのも、今日ご紹介するのは、ハンマーやネジ、複雑な大工技術に頼ることなく、いかに簡単に薬箱を作ることができるかということだからだ。

実際、木製のキャビネットを使わなくても、古くなった箱やバスケットでも、薬を正しく整理するための薬局のキャビネットとして使える。

重要なのは、きちんと開閉できること、そしてもちろんさまざまな医薬品を収納できることである)。

準備ができたら、キャビネットをバスルームの壁に取り付ければ、シンプルで機能的なバスルームキャビネットのできあがり。

それでは、超簡単なアンティーク調かモダン調か、お好きなほうを選んでみよう。 私のは、小さな籐のバスケットを選んだので、中間的な素朴なものになるだろう。

13ステップでメガネを整理する超クリエイティブなアイデア

ステップ1:道具をそろえる

また、軽いおがくずが出るので、布(新聞紙や古タオルでも可)を敷いておくと、後で掃除する木くずやほこりを最小限に抑えることができる。

事実だ: 浴室用キャビネットと呼ばれているが、温度や湿度の変化が大きいため(ある種の錠剤や薬の保管には不向き)、多くの人は浴室の外に薬を保管することを好む。

そのため、多くの人が薬を収納するためのバスルームのDIYアイデアを考えるとき、実はキッチンなど、家の他の部屋にも手を伸ばします。 熱源や覗き見(子供など)から薬を遠ざけることさえ心がけていれば、キッチンは実はとても実用的な収納スペースになるのです。

ステップ2:棚を作る

棚」というのは、薄い木の板を切り分けるだけで、DIYの薬箱の中でさまざまな薬を分けるのに役立つという意味だ。

もちろん、「棚」の大きさは、薬箱として使うものの大きさにもよるが、収納したい薬の種類や量も考慮に入れること。 我が家では、魅力的な古いバスケットを選んだ。

- 食器棚の内面を測り、棚を作るのに必要な奥行きと幅を確認します。

- 薄い木の板に鉛筆で印をつける。

- ノコギリを使い、板をそれぞれの棚に慎重に切り分ける。

ヒント 薬箱の棚は、箱やバスケットの他の部分ほど奥行きがある必要はありません(特に壁に掛けたりしないので)。 棚がうまく薬を分けてくれるなら、それは素晴らしいことです。

ステップ3:棚を置く

カットしたばかりの棚板を1枚ずつ取り、食器棚/ボックス/バスケットの中に入れる。 どうしても入らない場合は、少し小さめにカットすることも検討する。

関連項目: ウールを使ったDIYクラフト

ケースやキャビネットの内側に、鉛筆で印をつけましょう。

もちろん、DIYした棚板はキャビネットにきちんと固定する必要があります。

ステップ4:ホットグルーガンを使う

信頼できるホットグルーガンのおかげで、この棚を固定するのは簡単だ。 また、薬箱を作るのに籐のバスケットを使ったので、木材に接着するホットグルーを使うのが特に効率的だ。

ステップ5:乾燥させる

幸いなことに、バスケットの内側に鉛筆で印をつけたので、棚の正しい位置をすぐに見つけることができた(以前ホットグルーを使ったことがある人なら、乾く前にどれだけ早く作業しなければならないかわかるだろう)。

10ステップでフェイク水銀効果付きガラス植物ジャーを作る方法

ステップ6:適切な場所に配置する

つまり、背面に吊り下げ用のフックやその他の機構を追加することを心配する必要がないのです。

例えば、新しくDIYしたバスルームの薬箱を洗面台の上や既存のバスルームのキャビネットの中に置きたいなら、そうすればいい。 あるいは、旅行用の家庭用薬箱とでも呼ぼうか!

ステップ7:薬などの保管

DIYの薬箱をより整理整頓しやすくするために、棚を使って消耗品や医薬品を用途別に分ける(例:鎮痛剤とアレルギー治療薬、基本的な応急処置の処方箋などを分ける)。

バスルームの薬箱のアイデアの多くは、収納スペースを増やすことに重点を置いています。 新しい薬箱のスペースを少しでも減らすには、処方薬(定期的に服用する必要があるもの)を別のトレイやピルオーガナイザーに収納しましょう。

関連項目: DIY温度計:10のステップで手作り温度計の作り方を見る

こうすることで、毎日どの錠剤を飲む必要があるのかを常に把握できるだけでなく、薬箱の中に積み重ねスペースを確保することもできる。

DIYで薬箱を旅行用の救急箱にしたい場合は、以下のものを必ず入れてください:

  • 絆創膏・包帯
  • ガーゼ
  • サージカルテープ
  • 小さなはさみ
  • ピンセット
  • 消毒用ウェットティッシュ
  • 鎮痛薬
  • ロペラミド錠(イモジウムとしても知られる)
  • 抗ヒスタミンクリーム
  • 抗菌クリーム。

DIYクラフト

Albert Evans

Jeremy Cruz は有名なインテリア デザイナーであり、情熱的なブロガーです。創造的な才能と細部へのこだわりを持つジェレミーは、数多くの空間を素晴らしい生活環境に変えてきました。建築家一家に生まれ育った彼のデザインには彼の血が流れています。彼は幼い頃から美学の世界に浸り、常に設計図やスケッチに囲まれていました。名門大学でインテリア デザインの学士号を取得した後、ジェレミーは自分のビジョンを実現する旅に乗り出しました。業界で長年の経験を持つ彼は、著名な顧客と協力して、機能性と優雅さの両方を体現する絶妙な生活空間をデザインしてきました。クライアントの好みを理解し、その夢を現実に変える彼の能力は、インテリア デザインの世界で彼を際立たせています。インテリア デザインに対するジェレミーの情熱は、美しい空間を作るだけにとどまりません。熱心なライターとして、彼はブログ「装飾、インテリア デザイン、キッチンとバスルームのアイデア」を通じて専門知識と知識を共有しています。このプラットフォームを通じて、読者が独自のデザインの取り組みにインスピレーションを与え、導くことを目指しています。ジェレミーは、ヒントやテクニックから最新のトレンドまで、読者が自分の生活空間について情報に基づいた決定を下すのに役立つ貴重な洞察を提供します。ジェレミーは、キッチンとバスルームに重点を置き、これらのエリアには機能性と美観の両方において大きな可能性があると信じています。訴える。彼は、適切にデザインされたキッチンが家の中心となり、家族の絆や料理の創造性を育むことができると強く信じています。同様に、美しくデザインされたバスルームは心地よいオアシスを作り出し、リラックスして元気を取り戻すことができます。Jeremy のブログは、デザイン愛好家、住宅所有者、および生活空間の改修を検討している人にとって頼りになるリソースです。彼の記事は、魅力的なビジュアル、専門家のアドバイス、詳細なガイドで読者を惹きつけます。ジェレミーはブログを通じて、個人がそのユニークな性格、ライフスタイル、好みを反映したパーソナライズされたスペースを作成できるように努めています。ジェレミーは、デザインや執筆を行っていないときは、新しいデザイン トレンドを探索したり、アート ギャラリーを訪れたり、居心地の良いカフェでコーヒーを飲んだりしています。彼のインスピレーションと継続的な学習への渇望は、彼が作成する巧妙に作られたスペースと彼が共有する洞察力に富んだコンテンツに明らかです。ジェレミー クルーズは、インテリア デザインの分野における創造性、専門知識、革新性の代名詞です。