DIYクリーニング

Albert Evans 27-07-2023
Albert Evans

説明

洗濯はどの家庭でも避けられない家事であり、家族の人数によっては(毎日ではないにせよ)かなりの頻度で行われるだけでなく、かなり疲れることさえある。 その理由のひとつは、特に子供やティーンエイジャーがいる家庭では、洗濯すべき衣類が常にあるべき場所にあるとは限らないからだ。 たいていの場合、部屋のあちこちに散らばっているし家の他の部屋でも。

理想的なのは、毎日または毎週の洗濯のルールとルーチンを作り、全員がそれぞれのできる範囲でそれに従うことだ。 そのために重要なのは、洗濯物を集中的に集める場所を確保することである。洗濯カゴに勝る場所はないだろう。 ランドリールームでもいいし、浴室でもいい。シャワーを浴びる前にカゴに洗濯物を入れておく人は多い。この掃除と家事のDIYチュートリアルでは、たった3時間でとてもシンプルなランドリーバスケットを作る方法をご紹介します。 あなたの生活を変える準備をしましょう!

ステップ1 - プロジェクトの材料を準備する

バスルームやランドリールーム用のランドリーバスケットをDIYするための第一歩は、自宅や近所で次のような材料がないか探すことだ:

a) 丸いケーキ皿 - アルミニウムなどの金属製の丸いケーキ皿は、ランドリーバスケットを支えるしっかりとした土台となるため、このデザインで最も重要な部分である。

b) 金網 - この金網は、ランドリーバスケットを囲むフレームである。

c) ネジ - 丸いネジで金網を固定する。

d) プライヤー - ランドリーバスケットのワイヤーフレームを切断し、成形する工程で非常に重要な道具。

e) ワイヤー - ランドリーバスケットホルダーには良質のワイヤーを使用する。

f) 生成りの綿布 - これはどんな綿布でもよく、また個人的な布でもよい。

g) ドライバー-DIYの金網ランドリーバスケットプロジェクトで最良の結果を得るために、ここでも良質の道具を選ぶこと。

h) サンドペーパー - ランドリーバスケットの凹凸の溝を滑らかにするために使用する。

関連項目: ステップ・バイ・ステップ:電子レンジの掃除方法(簡単で速く効率的)

i) 鉛筆 - ランドリーバスケットに使用する綿布の寸法を正確に測る。

j) ハサミ-ランドリーバスケットを包む綿布を切る。

k) レザー2枚(オプション) - 持ち手として使用する。

ランドリーバスケット

関連項目: アロカシア:お手入れ方法

ステップ2 - ワイヤーバスケットホルダーの寸法を測ります。

ランドリー・バスケットの外枠は金網製で、バスケットの中に入れる汚れた衣類を支え、収納するのに欠かせない。

まず、ランドリーバスケットの支柱となる外側の金網の寸法を測ります。 丸いアルミのケーキプレートがランドリーバスケットの土台となり、金網がそのフレームとなります。

ヒント:ランドリーバスケットを作る際に使用する金網の量は、丸いケーキ皿の大きさに合わせて計ってください。 ランドリーバスケットの収納力が増すように、大きな皿を選んでください。 金網と丸いケーキ皿の両方が必要なため、フレームと土台がうまく構成され、ランドリーバスケットの本体が形成されます。

ステップ3 - 金網をカットする

次に、ランドリーバスケット用のホルダーを作るために、ワイヤーメッシュを適切なサイズにカットする必要がある。 作業台の上でペンチを使い、プレートのサイズに合わせてワイヤーメッシュをカットする。 また、ランドリーバスケットの高さに合わせてワイヤーメッシュをカットする(必要に応じて車輪を付けることもできる)。 この例では、カットしたワイヤーメッシュの高さは50cmである。

ヒント:怪我や切り傷、擦り傷を避けるため、安全手袋などの保護具を着用する。

ステップ4 - 金網の底を切り落とす

このステップでは、金網の底をプレートの底に合わせてカットする。 ペンチを使って金網の底をカットする。 カットした金網とカットしていない金網の間に金網を挟み込む。 こうすることで、金網をランドリーバスケット・スタンドのケーキ・プレートに取り付けやすくなる。

ステップ 5 - 金網にケーキ皿を取り付ける

ランドリーバスケットのワイヤーフレームを適切なサイズにカットし、形を整えたところで、いよいよ皿の底をメッシュにはめ込む。 前のステップでカットしたフレームのワイヤーを押し、貝殻のように曲げる。 ワイヤーフレームを皿の外側に取り付け、金属で形成された溝がバスケットの内側の編み目に透けて見えないようにするのが理想的だ。服の。

ステップ6 - 金網の下部を折り曲げる。

ランドリーバスケットのフレームを固定した状態で、メッシュの底にあるカットしていないワイヤーを折り曲げます。 こうすることで、仕上がりがきれいになり、ランドリーバスケットの丈夫な土台ができます。

ステップ7:金網をプレートに取り付ける

金網を丁寧に折りたたんだら、丸いビスでフレームを丸いケーキ皿で作った土台に固定し、針金で金網を皿に円形に取り付ける。

ステップ8 - 金網にケーキ皿を取り付ける

ドライバーを使い、ケーキプレートを金網に取り付ける。 ネジとワッシャーをランドリーバスケットの底にしっかりと取り付ける。

ステップ9 - ワイヤーの端をやすりで削る

バスケット・フレームのギザギザやサビを取り除くには、サンディングが重要なステップとなる。 フレームは金網で作られているため、エッジの一部を粗くする必要がある。

ステップ 10 - ランドリーバスケットのフレームが完成

これでランドリーバスケットのフレームはできあがり、直立しました。 このフレームをテーブルや床に置き、曲がっていないことを確認します。 ランドリーバスケットが傾いたり、不揃いになったりする原因となるひび割れや突起がないことを確認します。 これでランドリーバスケットのフレームはできあがりました。 次のステップは、ランドリーバスケットのライナーを作ることです。

ステップ11 - 生成りのコットン生地の寸法を測ります。

ランドリーバスケットのワイヤーフレームをカバーできる布地を選びます。 ランドリーバスケットを布で包み、裏地の裾を作る位置を巻き尺で測ります。 布地はランドリーバスケットの円周より少し大きめにすることを忘れないでください。 ランドリーバスケットのホルダーを包み、布地がバスケットに折りたためるようにすることです。上部。

ステップ12 - サイズに合わせて生地をカットする

未晒しのコットン生地を、前のステップで得た寸法に合わせてカットする。 生地はランドリーバスケットの外枠にぴったり収まるようにする。

ヒント:洗濯かごの中で布の長さと幅を試してみてください。 他の長さに布をカットするときの参考にしてください。

ステップ 13 - 布を縫う

前のステップで測った寸法に従って、生成りのコットン生地を縫い付ける。 コットン生地の裏地をフレームに挟み込めば、ランドリーバスケットの完成。 バスルームやランドリールームのインテリアやスタイルに合わせて、生地をカスタマイズすることができる。

注:ランドリーバスケットホルダー用のコットン生地は、ミシンでも手縫いでもよい。

ステップ14 - ランドリーバスケットの中にライナーを入れる

ランドリーバスケットの中に生成りの綿布を入れ、残りの布を上部に折り返してバスケットをきれいに見せる。

ヒント:よりきれいに仕上げるには、外側のワイヤーフレームを別の布で覆ってもよい。

ステップ15 - 洗濯かごに革ひもを入れる

このステップはオプションですが、ランドリーバスケットを別の場所に移動する際に、より実用的になります。 新しいバスケットの見た目を引き立てる布や素材、たとえば今回のプロジェクトで使用したストラップの革などを選び、バスケットの側面に取り付けます。 鋲を使って固定します。

ステップ16:ランドリーバスケットの準備完了!

このチュートリアルの各ステップが完了したら、さあ、お祝いの時間です!ランドリーバスケットは、使用する準備ができており、その目的を果たすことができます。

Albert Evans

Jeremy Cruz は有名なインテリア デザイナーであり、情熱的なブロガーです。創造的な才能と細部へのこだわりを持つジェレミーは、数多くの空間を素晴らしい生活環境に変えてきました。建築家一家に生まれ育った彼のデザインには彼の血が流れています。彼は幼い頃から美学の世界に浸り、常に設計図やスケッチに囲まれていました。名門大学でインテリア デザインの学士号を取得した後、ジェレミーは自分のビジョンを実現する旅に乗り出しました。業界で長年の経験を持つ彼は、著名な顧客と協力して、機能性と優雅さの両方を体現する絶妙な生活空間をデザインしてきました。クライアントの好みを理解し、その夢を現実に変える彼の能力は、インテリア デザインの世界で彼を際立たせています。インテリア デザインに対するジェレミーの情熱は、美しい空間を作るだけにとどまりません。熱心なライターとして、彼はブログ「装飾、インテリア デザイン、キッチンとバスルームのアイデア」を通じて専門知識と知識を共有しています。このプラットフォームを通じて、読者が独自のデザインの取り組みにインスピレーションを与え、導くことを目指しています。ジェレミーは、ヒントやテクニックから最新のトレンドまで、読者が自分の生活空間について情報に基づいた決定を下すのに役立つ貴重な洞察を提供します。ジェレミーは、キッチンとバスルームに重点を置き、これらのエリアには機能性と美観の両方において大きな可能性があると信じています。訴える。彼は、適切にデザインされたキッチンが家の中心となり、家族の絆や料理の創造性を育むことができると強く信じています。同様に、美しくデザインされたバスルームは心地よいオアシスを作り出し、リラックスして元気を取り戻すことができます。Jeremy のブログは、デザイン愛好家、住宅所有者、および生活空間の改修を検討している人にとって頼りになるリソースです。彼の記事は、魅力的なビジュアル、専門家のアドバイス、詳細なガイドで読者を惹きつけます。ジェレミーはブログを通じて、個人がそのユニークな性格、ライフスタイル、好みを反映したパーソナライズされたスペースを作成できるように努めています。ジェレミーは、デザインや執筆を行っていないときは、新しいデザイン トレンドを探索したり、アート ギャラリーを訪れたり、居心地の良いカフェでコーヒーを飲んだりしています。彼のインスピレーションと継続的な学習への渇望は、彼が作成する巧妙に作られたスペースと彼が共有する洞察力に富んだコンテンツに明らかです。ジェレミー クルーズは、インテリア デザインの分野における創造性、専門知識、革新性の代名詞です。