DIY安全手すり:たった9つの簡単なステップで安全手すりを作る方法

Albert Evans 19-10-2023
Albert Evans

説明

特に赤ちゃんがハイハイや歩けるようになる時期には、家の防寒対策がいかに難しいか、親なら誰でも知っている。

キッチン、バスルーム、バルコニー、階段は、小さなお子様の出入りを制限する必要がある危険のある場所です。 しかし同時に、部屋と部屋の間の視界を確保する必要があります。 これは、例えば食事の準備の際、赤ちゃんが不安にならないように、キッチンから見えないようにする必要があるためです。 そのため、以下のようなグリルが必要です。プロテクションが最もシンプルな解決策だ。

また、木製のペット・ゲートやベビー・ゲートを買っても、数ヶ月しか使わないから意味がないとお考えなら、ご自宅でセーフティ・ゲートをDIYすることをご検討ください。

犬用ゲートやベビーゲート、手すりのアイデアはネットでいくつか見つかりますが、ここでご紹介するのは、特にDIYの木工プロジェクト初心者の方でも簡単に作れるものです。

木製ガードレールの材料

子供やペットの安全柵を作るには、木材、キャスター、ネジ、そしていくつかの工具が必要だ。

ヒント:私の家の現代的なインテリアに合うように、明るい色の木材を使ってガードレールを作りました。 お好みで、ご自宅に合うように木材を濃い色にペイントしたり、ステインしたりすることもできます。

ステップ1:場所を決める

まず、DIYでガードレールを設置する正確な場所を決めなければならない。 私は犬の出入りを制限するため、キッチンの入り口にゲート/グリッドを設置することにした。

ステップ2:面積を測る

巻き尺を使って、玄関や出入り口の幅と、セキュリティ・ゲートに必要な高さを測ります。 背の高いゲートは必要ありませんが、開いたときに通行の妨げにならないよう、近くの家具よりも低い位置に設置しましょう。

注意:大型犬がゲートを飛び越えないように、高さを高くする必要があるかもしれません。 同様に、猫の出入りを制限するために、手すりに網を付けることも検討してください。

ステップ3:ギャップの測定

ガードレールは(開いた状態で)食器棚と壁の隙間の後ろに来るので、その隙間にゲートがぴったり収まるように隙間を測った。

ゲートスペース

ゲートの幅は、スムーズに出し入れするために、少なくとも1センチは小さくする必要があります。

ステップ4:ガードレールの作成開始

セーフティ・ゲートは縦格子でも横格子でも作れるが、私は横格子を選んだ。 そのため、横格子を取り付けるための支柱が2本必要だ。 車輪はこの支柱の下部に固定する。

注:私は小型犬をキッチンに入れないようにするためにこのゲートを作りました。 このタイプのゲートは子供にも使えますが、1歳半以上の子供には縦型ゲートの方が適しているかもしれません。 横型ゲートをはしご代わりにしてゲートを登ってしまい、事故の原因になる可能性があるからです。

木工技術をさらに磨くために、手を汚して、たった8つのステップで縦長の棚を作ってみよう!

ステップ5:サポート構造を作る

サイドの支柱となる木片は、手すりよりも少し幅を広くする。 トップとボトムの支柱をサイドの支柱に取り付け、ビスで結合して外側の構造を作り始める。

ステップ6:内部のグリッドを固定する

上下の支柱の間隔を測って印をつけ、残りの手すりを等間隔に配置する方法を決める。

ゲート/ガードレール

水平レールを均等に取り付けた後のゲート/ガードレールの構造。

構造強化

ガードレールを強化するため、水平バーを外枠に固定するためのネジを2本追加する。

ステップ7:ホイールを取り付ける

金属製ホイール・ブラケットをガードレール・フレームの下側に固定します。 ネジを使ってブラケットを木材に固定します。

車輪付きゲート

ゲートをキャビネットの後ろの開口部から出し入れしてテストし、スムーズに動くことを確認する。 必要であればネジを調整したり締めたりして、うまく動くことを確認する。

関連項目: たった12ステップでできるフレンドシップ・ブレスレットの作り方

ステップ8:フックの追加

また、ゲートを閉めたときにしっかりと固定できるよう、フックを追加する必要がある。 画像のように、フックをトップレールの側面に取り付ける。

ステップ9:ヒッチを取り付ける

ゲートをロックするために、ヒッチをドアフレームに取り付けます。 赤ちゃんがゲートのロックを解除しようと手を伸ばしても届かないように、フックとヒッチが一番上のレールにあることを確認してください。

開放する

ヒッチからフックを外し、ガードレール/ゲートを開ける。

ヒッチを閉じる

フックをヒッチに差し込み、ゲートをロックする。

関連項目: ガラス瓶の装飾

DIYベビーゲート/保護グリッド

これがフックとヒッチを取り付けた後のベビーゲート/ガードレールだ。

オープンな環境

ゲートを離して壁と食器棚の隙間にスライドさせ、フックを使ってゲートを閉める。

フルオープン

ここで、DIYのベビーゲート/保護グリッドが完全に開いているのを見ることができる。

別の角度から

ゲートを反対側から見るとこのようになる。 食器棚の後ろのスペースにすっぽり収まるので、回遊性を妨げず、場所を取らない。

このプロジェクトで使った木材が余ったら、余った木材を使って子供用の楽しい動物モチーフのコートラックを作ろう!

赤ちゃんやペットのためのセーフティレールはできましたか?

Albert Evans

Jeremy Cruz は有名なインテリア デザイナーであり、情熱的なブロガーです。創造的な才能と細部へのこだわりを持つジェレミーは、数多くの空間を素晴らしい生活環境に変えてきました。建築家一家に生まれ育った彼のデザインには彼の血が流れています。彼は幼い頃から美学の世界に浸り、常に設計図やスケッチに囲まれていました。名門大学でインテリア デザインの学士号を取得した後、ジェレミーは自分のビジョンを実現する旅に乗り出しました。業界で長年の経験を持つ彼は、著名な顧客と協力して、機能性と優雅さの両方を体現する絶妙な生活空間をデザインしてきました。クライアントの好みを理解し、その夢を現実に変える彼の能力は、インテリア デザインの世界で彼を際立たせています。インテリア デザインに対するジェレミーの情熱は、美しい空間を作るだけにとどまりません。熱心なライターとして、彼はブログ「装飾、インテリア デザイン、キッチンとバスルームのアイデア」を通じて専門知識と知識を共有しています。このプラットフォームを通じて、読者が独自のデザインの取り組みにインスピレーションを与え、導くことを目指しています。ジェレミーは、ヒントやテクニックから最新のトレンドまで、読者が自分の生活空間について情報に基づいた決定を下すのに役立つ貴重な洞察を提供します。ジェレミーは、キッチンとバスルームに重点を置き、これらのエリアには機能性と美観の両方において大きな可能性があると信じています。訴える。彼は、適切にデザインされたキッチンが家の中心となり、家族の絆や料理の創造性を育むことができると強く信じています。同様に、美しくデザインされたバスルームは心地よいオアシスを作り出し、リラックスして元気を取り戻すことができます。Jeremy のブログは、デザイン愛好家、住宅所有者、および生活空間の改修を検討している人にとって頼りになるリソースです。彼の記事は、魅力的なビジュアル、専門家のアドバイス、詳細なガイドで読者を惹きつけます。ジェレミーはブログを通じて、個人がそのユニークな性格、ライフスタイル、好みを反映したパーソナライズされたスペースを作成できるように努めています。ジェレミーは、デザインや執筆を行っていないときは、新しいデザイン トレンドを探索したり、アート ギャラリーを訪れたり、居心地の良いカフェでコーヒーを飲んだりしています。彼のインスピレーションと継続的な学習への渇望は、彼が作成する巧妙に作られたスペースと彼が共有する洞察力に富んだコンテンツに明らかです。ジェレミー クルーズは、インテリア デザインの分野における創造性、専門知識、革新性の代名詞です。